総量規制とは?銀行と消費者金融の大きな違い

キャッシングを利用しようというときに「総量規制」という言葉を目にすることがあるかと思います。年収の3分の1以上は借りられないといったことは知っていても、実際にどういった借入が対象になって何が対象にならないのかといったことまで詳しく理解している方は少ないのではないでしょうか?

 

総量規制というのは、貸金業法の改正によって導入された規制のことです。個人の借入総額は、原則収入等の3分の1までに制限されます。個人から新たな借入の申込が合った場合、貸金業者は信用情報を利用して他社借入残高などを調査します。また50万円をこえる借入の場合、また複数社合わせて100万円をこえる借入となる場合には収入証明書類の提出が求められます。

 

この総量規制は個人の借入なら全てに該当するというものではなく、除外と例外が設けられています。除外はそもそも総量規制の対象とならないもので、不動産購入や自動車購入時の自動車担保貸付などがそれにあたります。また例外は少しわかりにくいのですが、総量規制の残高としては算入されるものの例外的に年収の3分の1を超えていてもその部分に返済能力があると判断した上で貸付が可能になる、というものです。これには借り換えローンや緊急の医療費、個人事業者に対する貸付などが含まれています。

 

また総量規制を語るにあたって一番知っておきたいのが銀行カードローンと消費者金融との大きな違いです。総量規制は貸金業法で定められている規制ですが、貸金業法は貸金業者が守るべき法律です。貸金業者というのは、消費者金融やクレジット会社、信販会社といった業種になります。一方、同じカードローンと言う商品を取扱うものの銀行の場合には貸金業者に該当しません。そのため、総量規制の影響は受けないのです。銀行カードローンが「総量規制対象外のカードローン」などと呼ばれているのはこのためです。

 

高額な借入をしたくとも消費者金融では年収の3分の1までしか法的に借りることはできません。しかし、銀行カードローンであれば法的な規制がありませんのでそれを超える借入も可能なのです。ただし、銀行カードローンなら可能だからといって、銀行カードローンの審査が厳しいことにはかわりありません。年収の3分の1を超えるような高額な借入ともなれば審査もその分厳しくなるでしょうし、実際に借りられるかどうかは審査の行方次第となることは覚えておきましょう。