何が必要?即日キャッシングの必要書類

キャッシング申込の手続きには決められた書類の提出が必要となります。即日キャッシングとなりますと、その書類もその日中に用意しなければなりません。キャッシングにはどういった必要書類があるのでしょうか。

 

お金を借りる手続き、となりますと、印鑑や銀行の通帳、住民票などが必要なのでは…?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実はキャッシングの必要書類というのは極めてシンプルなものです。基本的に必要なのは、「本人確認書類」と呼ばれるつまりは身分証明書くらいです。本人確認書類は次のいずれか1点の写しが必要となります。

 

【本人確認書類】

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

 

外国籍の方の場合には在留カードまたは特別永住者証明書の写しを合わせて提出する必要があります。また引っ越しなどにより免許証など上記書類に記載されている住所と現住所が異なる場合、そのことを証明する書類も必要になります。現住所が記載されている下記のいずれかの書類などの写しを用意しなくてはなりません。

 

【現住所を証明する書類】

・納税証明書
・社会保険料の領収書または請求書
・電気、ガス、水道、NHK発行のものなど公共料金の領収書または請求書
・住民票

 

基本的にカードローンは本人確認書類があればお金を借りることができます。しかしながら、一定額以上の借入をする場合には収入証明書と呼ばれる自身の収入を証明する書類の提出も求められます。

 

【収入証明書】

・源泉徴収票
・確定申告書
・納税証明書
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与など、条件は各社さまざま)

 

収入証明書の提出は貸金業者の場合には総量規制によって50万円以上の借入の場合または複数社で100万円を超える借入の場合に必要となります。銀行カードローンの場合にはこれに該当しませんが、各銀行独自の提出金額を設定しています。一般的に銀行カードローンのほうは「100万円を超える借入で収入証明書の提出」や200万円以上の場合など貸金業者の場合と比べて高額な設定になっています。

 

収入証明書で注意しなくてはならないのは即日キャッシングです。即日で借りたい場合、希望額が大きいと収入証明書が必要になるかもしれませんよね。自宅にいるのでしたら源泉徴収票など用意がすぐできるかもしれませんが、外出先でしたらどうでしょうか?本人確認書類と比べ、収入証明書はすぐに用意できるものではありません。そのため、即日キャッシングを希望される場合には借入額に注意する必要があります。