キャッシング申込の際の注意点はこの二つ

キャッシング申込の際にはどのような点に注意して手続きをしていったらよいのでしょうか。申込をする前に、あらかじめこれだけは注意した方がいい!という点について二つ挙げてみます。

 

・申込は虚偽の申請はもちろんのこと、間違いのないように慎重に行う

キャッシングの審査では、他社からの借入が多い場合に審査に通りにくくなってしまいます。そのため少しでも審査に通りやすくしたいからと申込の際に借入件数を少なくするなど嘘の申請をしてしまう方がいるようです。しかし他社からの借入の情報は個人信用情報機関で照会してしまえばすぐにバレてしまうため審査においては逆効果となります。

 

キャッシングというのは無担保・無保証人で個人の信用をもとにした融資です。そのため信用を失うようなことがあれば、審査には大きく影響します。実際、自分に置き換えたとして、嘘をついている方に対してお金を貸そうと思うでしょうか?それもしかも今まで交流が合ったわけでもない初めて会う人です。金融機関にとっても、これと同じです。

 

また、入力ミスや記入間違いというのは人間誰しもあることだと思います。実際申込の際の入力ミスはとても多いようで、それ自体は珍しいことではありません。しかしながら、お金を借りる申込の書類にあまりにも誤字脱字が多いとしたらどうでしょうか?そうした人を、信用できるか、と言われたら、少し考えてしまいますよね。間違いは誰にでもあること、しかし、いくらかんたんに借りられるからといってお金に関する書類です。しっかりと間違いのないように、申込は慎重に行いましょう。

 

・同時に複数の業者に申込はしない

これはいわゆる「申し込みブラック」と呼ばれるものです。申込をする際、「もしも落ちてしまったらどうしよう」と考えて複数の業者に同時に申込をする方がいらっしゃいます。しかしこれはキャッシング審査においてNGです。信用情報というのは利用をしていなくとも、申込をしたということだけで登録されてしまいます。審査の際には必ず信用情報機関で信用情報を確認しますので、そこで他社にも同時に申込をしているという事実はすぐにわかってしまうのです。

 

なぜ同時に申込をするのがダメなのか、それは、短期間にいくつもの業者に申込をする方というのは「それほどにお金に困っている人」という判断がされるからです。そのため申込をしてもすぐに審査に落ちてしまう状態になってしまいます。これを、「申し込みブラック」と呼ぶのです。

 

一般的には1ヶ月に3社までなどと言われていますが、細かな基準は各社で違うためはっきりしたことはわかりません。とにかく、同時に複数の業者への申込はNGであること、また同時でなくとも短期間でいくつもの業者に申込をするのもNGであること、そうしたことを念頭に置いた上でキャッシング申込にのぞんでください。