借りる前に知っておきたいキャッシングのデメリット

申込をして数時間後にはお金を借りることができるなど、たいへん便利なキャッシング。早くて便利、すぐ借りられる、意外とかんたんなどメリットは強調して伝えられますが、逆に利用することでどういったデメリットがあるのでしょうか?やはり、どういったデメリットがありうるのか、それを知らずに利用してしまうのは怖いところがありますよね。借りる前に知っておきたい、キャッシングのデメリットとは?

 

・金利が高い

お金を借りるのには金利がかかりますが、キャッシングの場合他のローンと比べて金利が高いのがデメリットです。キャッシングは他のローンと比べて無担保・無保証人での信用取引です。もし支払いに行き詰まって貸したお金を回収できなくなってしまったら、キャッシングの場合担保も保証人もないため金融機関は赤字となってしまいます。そうした貸し倒れリスクの補充のためにも、多くの利息収入が必要なわけです。

 

また限度枠内で繰り返し利用が可能なこともあります。そうした特性からどうしても住宅ローンや自動車ローンなどと比べてしまいますと金利が高くなってしまうのです。しかし、基本的にキャッシング利用者は短期で小額の借入の方が多いです。そのため、高額で長期の借入でなく計画的に返済をして行けば、利息はそこまで大きく膨らむことはありません。

 

・信用情報に残る

消費者金融で借りるにしても、銀行カードローンで借りるにしても、信用情報に利用履歴は残ります。もちろん、利用しただけでどうこうなるというわけではありませんが、信用情報には利用履歴が事細かに一定期間登録されてしまうため注意が必要です。毎月きちんと返済をしていればいいのですが、返済状況に関する情報は5年間残ります。もしも今後住宅の購入や車の購入などを考えているのであれば、そうしたマイナスな情報は審査に大きく影響を及ぼすでしょう。

 

・便利すぎて思わずついつい使いすぎてしまう

キャッシングはとても便利なものでありそれがメリットでもありますが、反面デメリットにもなります。気軽に借りられて、限度枠内ならば何度でも繰り返し利用が可能なため、ついついお金を借りすぎてしまう方は多いです。気付けばちょっとしたときにも自分の預金感覚でお金を引き出すようになってしまい、その返済にあてるために新たな借入を繰り返し、複数社から返せないほどの多額の借金になってしまう…といったケースは決して珍しいことではありません。言ってしまえば誰もが陥る可能性を持っています。

 

こうした多重債務に陥ってしまいますと、最終的には債務整理、自己破産に陥るか闇金など違法業者に手を出すという事態も考えられます。キャッシングは確かに便利です。ですがその便利さゆえに、利用する側も自分をしっかりとコントロールして計画的に利用して行くことがとても大切なのです。