キャッシング即日

緊急でお金が必要な方のための即日融資方法

即日キャッシングに成功するには3通りの方法がある

即日キャッシングが可能なカードローンは数多くあります。しかし、即日キャッシング可能なカードローンに申込をしたからといって必ず当日中に融資が受けられるわけではないのです。もちろん、審査に時間がかかったためという理由もありますが、即日融資できる方法がなかったという理由から即日キャッシングに失敗している例も少なくありません。

 

キャッシング即日可能なカードローンであっても、申込をするタイミングによっては当日中に融資が受けられない可能性があります。即日キャッシングに成功するにはいくつかの方法があり、各カードローンごとで違いがありますが、一般的には次の3つの方法が挙げられます。

 

  1. 即日振込みは平日14時までに手続きを完了させる
  2. 14時を過ぎてしまった場合には自動契約機で即日カード発行
  3. 14時を過ぎても特定の銀行口座なら即日振込みが可能なことも

 

即日キャッシングに成功するためにできることとしては、申込をするタイミングに即日キャッシングが可能なカードローンを選ぶことです。またその確率を上げるためには即日キャッシングの融資方法が多いカードローンを選ぶとよいでしょう。

 

1)即日振込は平日14時までに手続きを完了させる

なぜ平日14時までなのか?それは、銀行の営業時間が平日の15時までだからです。即日振込はつまり銀行口座への振込になります。銀行の営業時間が終わっても預金の引き出しや振込依頼はできますが、口座にお金が振り込まれるのは翌営業日となってしまいます。そうなりますと当日中にお金を手にすることができません。

 

では即日振込は何時までに申込をしたらいいのでしょうか。これは、審査にどのくらいの時間がかかるかが実際に審査を受けてみなくてはわからないため、確実なことが言えません。ですが、大手消費者金融のいくつかは、即日振込の制限時間についての条件を明確にしています。

 

プロミス平日14時までにWEB契約にて契約内容の確認をした場合

 

アコム平日14時までに必要書類の提出をしてアコム側が確認した場合

 

モビット14:50までの振込手続き完了が必要

 

制限時間をあきらかにしていない会社はこれらよりも早い制限時間である可能性が高いです。審査に時間がかかることも考えますと、申込はなるべく午前中で済ませたほうが即日振込みの可能性が高くなると言えるでしょう。ギリギリになってしまいそう、もしくは既に時間を過ぎてしまっているという場合には、別の方法で即日キャッシングが可能なカードローンを選ぶ必要があります。

 

2)14時を過ぎてしまった場合には自動契約機で即日カード発行

即日キャッシングの方法は何も振込だけに限りません。ローンカードがあればすぐにでもキャッシングすることができます。ローンカードは申込をしてから郵送されてくるだけでなく、自動契約機があればその場で発行が可能なのです。大手消費者金融では自動契約機を全国に設置していますから、こちらで即日カード発行すればそのカードを使って即日キャッシングができる、というわけです。

 

自動契約機の営業時間は、各会社によって、また設置場所によってなど違いがありますが、基本的には遅くまでやっているところが多いです。そのため、即日振込のほうで間に合わなくてもこちらを利用すればまだ即日キャッシングができるのです。

 

プロミス 自動契約機の受付時間は9:00〜22:00(土日祝日も申込可能)
※一部店鋪では営業時間が異なるため公式サイトをご確認ください

 

アコム むじんくん(自動契約機)営業時間は8:00〜22:00(年中無休/年末年始は除く)
※一部店鋪は営業時間が異なります

 

モビット ローン申込機の営業時間は8:00〜21:00
※詳しくは公式サイトをご覧ください

 

海外でキャッシングしたい場合はどうすれば良い?
デビットカード 海外 おすすめが参考になるでしょう。

 

自動契約機の利用の仕方は各社ごとで多少違いがありますが、申込の手続きも可能です。しかし、審査にどのくらい時間がかかるのかわかりません。遅くまでやっているといっても審査結果が遅くなってしまい営業時間に間に合わないと困りますし、申込は出来るだけ早い方がいいでしょう。そのため、申込は自動契約機からではなく、あらかじめインターネットで済ませておき、審査結果が出てから自動契約機で契約やカード発行をする、というほうが手続きがスムーズです。

 

即日キャッシングが可能なカードローンのなかでも、この即日カード発行ができるところというのは限られてきます。即日振込みが間に合わなそうなタイミングであれば、自動契約機を持つカードローンをあらかじめ選んでおくほうがよいでしょう。

 

3)14時を過ぎても特定の銀行口座なら即日振込が可能なことも

この方法は大変限られるのですが、特定の銀行口座であれば即日振込が14時以降も可能なケースがあります。自分の場合可能かどうか?ご利用前に電話などで確認してみてもよいかもしれません。

 

【プロミス】

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、振込融資の受付は24時間、最短約10秒で振込が可能。※毎週月曜0:00?7:00、元日(終日)はメンテナンスのためサービス停止

 

【アコム】

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行はインターネット契約後、はじめての借入について振込融資の受付が平日18:00まで、振込実施時間が当日19:00までとなっています。※土日祝日は対象外です。
楽天銀行に口座をお持ちなら24時間最短1分で振込完了。※メンテナンス時間をのぞく

 

即日キャッシングに強いのは大手消費者金融

即日キャッシングに求められるのは早さ、そして即日で借りられる手段の多さも時に必要です。その双方を兼ね備えているところとなりますと、やはり一番おすすめなのは大手消費者金融になります。大手消費者金融は審査時間が最短30分という早さです。なかには融資時間が最短1時間というところもあります。

 

対して銀行カードローンの場合には、即日融資可能でも審査時間は「最短即日」。「最短30分」の大手消費者金融よりも時間がかかるだろうことが予想されますよね。さらに、審査も銀行の審査と保証会社の審査の二重審査という構造になっており、低金利なため審査内容も慎重になりがちです。

 

また、同じ消費者金融でも中小の消費者金融の場合にはどうか?といいますと、こちらは基本的に融資方法が振込のところが多く、大手のような全国展開の自動契約機などはありません。中小の消費者金融を利用する方の多くは既にいくつかの他社借入をしていて大手では借りられなくなってしまった方ですからその場合審査も慎重になりますし、やはり大手のほうがその辺りはスムーズといえるでしょう。

 

実際、口コミをみても大手消費者金融は即日キャッシングに成功している方も多くみられます。書き込みの数も多く、申込をする方の多さも伺えます。こうしたことなどから、緊急でお金を借りたいというときにはやはり大手消費者金融が強いというわけです。

 

銀行カードローンで即日キャッシングするためには

即日キャッシングに大手消費者金融が強いからといって、銀行カードローンで即日で借りられないというわけではありません。銀行カードローンにも即日融資可能としているカードローンはたくさんあります。ですが、注意したいのは、「即日融資可能」としていてもそのどれもが同じ早さではない、ということです。

 

特に銀行カードローンの場合、大手消費者金融と比べますと銀行によって審査の早さにはかなりの違いがあります。口コミで実際に利用した方の体験談をみるとわかるのですが、同じ即日融資の銀行カードローンでも、審査結果が出るまでに2週間など時間を要してしまうものもあれば、消費者金融並みに数時間で融資が受けられるといったものもあるようです。

 

もちろん、審査を受けた方の条件が同じではないので確かなことは言えませんが、口コミの多さは利用者数の多さです。ですので、銀行カードローンで即日キャッシングをしたいのであれば、即日融資が受けられたという口コミの多い銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

 

また銀行カードローンのなかにも、大手消費者金融のような自動契約機に似たシステムを持つカードローンがあります。三菱東京UFJ銀行カードローンはテレビ窓口というところで即日カード発行が可能です。※運転免許証が必要です。また、みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座をお持ちであれば、お手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を加えることで即日利用が可能になります。銀行カードローンで即日キャッシングするためには、どのカードローンを選ぶかが非常に重要なポイントとなってくるのです。